工事中の不安「塗り替えの時の生活は?」

体験者でもない限り、外壁塗装中の生活は想像しにくいのではないでしょうか。たまに見かける建物の工事も施工中はメッシュシートがかけられているので、よく見えません。工事が終わって、建物を見たときに「塗り替えしたのか」と初めて分かるくらいです。

 

何となく「塗料の臭いがきつそう」ということは分かりますが、その他のことはどうなのでしょうか。塗り替え時の生活で普段と違うところを下にまとめてみました。

 

  1. 塗料が付着しないよう窓などがビニールで覆われてしまうため、開閉ができないことがある
  2. 塗料が付着する恐れがあるため、洗濯物が外に干せない
  3. 塗料の種類によっては臭いをきつく感じることがある
  4. 塗料の飛散を防止するため、メッシュシートでお住まいを囲むため、お部屋の中が多少、暗くなる。

 

お困りごとは窓の開閉と洗濯物のこと、塗料の臭いのことですね。外壁塗装はお住まいの中を工事するわけではないので、上記のことを除けば、ほぼ普段通りの生活ができます。

足立区で塗装工事を検討中の方は街の外壁塗装やさん全国版へ外壁塗装の工事期間は1~2週間程度です。この間は普段よりちょっと不自由な生活になりますが、塗装業者に悩みや不安を打ち明けることで解決することもあります。足立区で塗り替えを検討中の方は住宅塗装のプロに相談してみましょう。